大人になってから何か武道を嗜みたいという方は多いようで、その中でも弓道は人気があるようです。

弓道という趣味について - qinquanlaw.com

大人になってから始める弓道

弓道という趣味について - qinquanlaw.com 社会人になってから、何か武道を始めたいと思っても、体力的なことや仕事のことを考えるとあまり激しい動きを伴うようなものや、怪我の可能性が高いようなものは手をつけることができません。あまりにも激しい疲労や怪我等の不安があるようでは、仕事や生活に差支えが出てくるからです。そういう大人の事情からなのか、弓道は大人が始める武道として、非常に人気が高いようです。とは言っても、練習が厳しいものであることや、怪我の可能性があることには、他の武道と変わりがありませんので、真剣に取り組む必要があることは言うまでもありません。それでも、お互いに打ち合うような武術ではないので、正しい指導者の下で、十分な注意を払っていれば怪我をすることはないでしょう。

ただ他の武道と違って、道具や道場等の条件のハードルがやや高いのも特徴と言えるでしょう。生活圏内に弓道場があれば幸いですが、なければ最も近い弓道場を探す必要があります。また道具を一通り揃えたりすることも必要になってくることポイントです。道場によっては、道具をレンタルしているようなところもありますから、最初から道具を全て揃える必要はないのですが、おおよその目安として矢が6本で1万4000円、カケ(手袋みたいなもの)が1万7000円から、弓が2万5000円くらい掛かります。

道場が見つかったら、最初のうちは週に2〜3回程、詰めて集中的に学ぶようにしましょう。最初からいきなり弓を射させてもらえるようなことはありませんので、そこに至るまで集中的に通うのがお勧めです。

PR情報

Copyright (C)2017弓道という趣味について - qinquanlaw.com.All rights reserved.